「東京理科大学にて講義」

梅澤と五十嵐の母校である東京理科大学理工学部建築学科にて「from Shanghai to Asia」というテーマで講義を行いました。

我々のように特殊な環境で設計をしている経験からわかるアジアと日本の建築設計の環境や規模、そしてデザインの違いや現状、今後の展望などをお話しました。

少しは海外に興味を持っていただき、幅広い視野と視点で設計に関わってもらえるように願っています。