上海凱鴻広場改修プロジェクトについて(内装編)

前回に引き続き上海凱鴻広場の改修プロジェクト、現場状況、内装編です。

非常に作りは荒いのですが、荒くてもなんとか耐えられるようできる限りディテールの粗さを目立たせないよう設計しています。

基本的には自然の温かみや柔らかさを強調させた木系素材と白黒モノトーンをベースとしています。

立体的な路地を挿入し、半外部空間をうまく利用することで、気持ちの良い休息スペースを作るとともに、外部に賑わいの演出をしています。

エントランスです。
吹き抜け部分
トイレ
トイレサイン
廊下部分
半外部空間です。
公共廊下部分
エレベーターホールです。

別のエレベーターホールです。

全面営業開始がもうすぐです。

四川北路にお越しの方は是非、お立ち寄りください。